練馬芋洗い塾について

​米津千之先生

練馬芋洗い塾歴史

 米津千之先生

​芋洗いとは

平成元年(1989年)に故米津千之先生  

(元学芸大学国文科教授)が毎月第1土曜日

朝10時より夜中まで御自宅を開放し

「倫理学」「和歌」「神道」「滝行」等々の

豊かな学識と経験に基き様々な観点より

天風教義を広くわかり易く

「会員の方から一般の方々」まで

伝授されました。

米津先生が平成26年10月4日に帰霊された為、

平成26年末(2014年)に一旦休会

しかし故米津先生の業績と遺志を継ぎ

「芋洗い塾を継続したい」 との声が多く

有志により平成27年(2015年)10月より

「練馬芋洗い塾」再開となりました。

現在公益財団法人天風会 「東京の会」に所属

天風哲学を伝承すべく活動中です。

「芋洗い」とは、天風先生のお言葉です。 「俺が居ない時には皆で芋洗いしろよ」と。

天風先生仰る「芋洗い」とは

天風先生のいないところでも皆さんで集まり

「共に天風教義を学び実践する気持ちを

新たにしろよ」とのことです。

その思いを塾創立以来継承して活動して

​おります。

~~~「ねりまの芋あらい」米津千之~~~

 だれでもいいから 来い来い ホイ

 ひとりでいるより 皆で ホイ

 

 今日1日を心豊かに過ごしたい。

 いい気持ちでのんびりしよう。

 

 いいたいことをはっきり言う

​ 聞きたいことをはっきり聞く

 食べたいだけたべる

 想いが澄み切るまで呑む

​ ありったけの声を張り上げて歌い

 肌と肌とをこすりあって垢落しの芋洗い

 ​親しいともに会える楽しさ

 珍しい友を迎える嬉しさ

1912年6月13日東京生まれ。1935年国学院倫理学科卒業、1938年同大学国文学科卒業。      在学中より折口信夫に師事。東京府豊島師範学校(現東京学芸大学)教諭、東京第二師範学校助教授をへて1977年東京学芸大学教授を定年退職。

その後東横学園女子短期大学教授、

高崎短期大学教授等を歴任1989年に退職。

公益財団法人「天風会」第1号講師。

1989年より27年間ご自宅を毎月1回開放され

「天風会 ねりま芋洗い塾」を1度も休まず

継続開催し天風哲学の普及にご尽力されました。

2014年10月4日102歳で帰霊。

 ~~~~米津先生の呼びかけ~~~~

    ​  「今日1日」

今、今、今とのふれあいを大事にしよう。

今の現実に 素直に向かい立ち

いつ どこでも 爽やかに潔く

そして今日一日が 幸せの光に

包まれるようにありたい。

 

今日1日とは過去→現在→未来に繋がる

「中今」の尊い今であって

之に目覚めた日々の生活こそ

天地の弥栄をことほぎまつる

神事・神行なのである。

           ~千之志るす~