「定例会のお知らせ」&「徒然ブログ」

   新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言発令等で当分の間

   練馬芋洗い塾集いは非対面型(ZOOM)での開催となりましたが

   2022年1月度から対面式とZOOMを併用した開催と致します。        

   なお練馬芋洗い塾会員各位には電子メール、郵送等にて詳細     

   ご連絡致します。


   2022年5月度は7日土曜日14時~16時で「対面型集い」と

   ZOOM中継にて開催致しました。


   6月も対面式とZOOM併用で開催致します。

   対面式開催場所は豊玉リサイクルセンターで

   開催時間は14時~16時半です。

   ZOOM ID&PWは既にご連絡致しました。

   

   「豊玉リサイクルセンター」は下記となります。

   場所は西武池袋線桜台駅下車徒歩5分です。

   https://www.nerima-rc.jp/shisetsu/toyotama.html

   

   練馬芋洗い塾会員の皆様には随時メール等でご連絡致します。

   連絡が無い方はお手数おかけいたしますが

   世話人の秋元さんまでご連絡下さい。    

   

   ちなみに「集合型つどい開催」御参加時のお願いは下記となります。

   

   ~~~~~~~~開催にあたってのお願い事項~~~~~~~~

   開催にあたっては中村天風財団開催ガイドラインに準じた開催と

   なります。皆様のご理解何卒よろしくお願い致します。

   同ガイドラインについては下記URLをご覧ください。  

   https://www.tempukai.or.jp/event_guidelines.html


   なお同URLに添付している「健康状態申告書」に各自必要事項記載の

   上、当日会場にプリントアウトしてご持参下さい。

   皆様のご理解ご協力何卒よろしくお願い致します。

        ~~~~~~~~以上~~~~~~~~


   なお2022年6月ZOOM勉強会(「真人生の探求」を読む)は

   6月11日土曜日に開催致します。

   時間は15時~16時半でその後1時間ZOOM懇親会を開催致します。

   本HPのWEB勉強会ページをご覧ください。

   

   新しい年も新緑の季節となりました。

   従来とは違う新しい年の幕開けだと思います。

   時代は変化しても我々天風会員は常に自分自身に 

   「明るく 朗らかに 勇ましい」人生態度を保ち

   そして積極精神を把持して精神を集中して進んでゆきましょう!


   さて「徒然ブログ」をオープン致しました。

   これは練馬芋洗い塾メンバーが毎回つれづれに思ったことを書く

   ブログです。

   


  練馬芋洗い塾「徒然ブログ」第4回(2021年第1回)

   

   練馬芋洗い塾 世話人 秋元和子さんの記事です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~IT社会へのチャレンジ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


1年前の今頃はコロナと云う言葉が広がりつつある頃でした。

   春になり天風会はほとんどZOOMとかオンラインが日常的に行われるようになりました。   

   

   私は最初は娘にタブレットの操作を全部してもらっていましたが

   夏頃には自分でなんとかやれるようになり各地の講習会を聞くまでになりました。

   

   秋に87歳の服部さんが「ZOOMを自分でもやってみたい。年だからやらないと云うのは

   天風精神に反する」と一念発起。服部さんの家の近くにドコモショップが無いので

   我が家の近くのショップに2人で行き、私と同じタブレットを購入されました。

   メールもされたことがない服部さんがタブレットに挑戦されたのです。

   時には1日二回服部さんの家(電動自転車で20分 」に通い12月中にはお1人で操作され

   ています。


   会員の皆さんも服部さんのお顔をご覧になって良かったと思います。

   私は今年、後期高齢者になりますが服部さんを見ていて

   「年だから」という言葉は使ってはいけないとつくづく思っているこの頃です。

   

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   

   服部さんと秋元さんのチャレンジ素晴らしいですね。

   面倒くさがらずに何事もチャレンジすれば精神も若さを保てると思います。

   ITといっても人間が考えたことなので「慣れ」だと思います。

   試行錯誤でなんとかなります。


   天風先生は新しい物(事)がお好きだったと聞いております。

   天風先生がご存命であればこのようなネット環境を使った講習会とかお集まりを

   どのようにご覧になられたでしょうか。